転出届ぐらいは処理せよ

転勤で引越しをする事になり、部屋探しを始めたけれども、とにかく時間がないので大変だった。転出届なんか、とりかかれる暇も当然無い。

考えている時間もあまりなく、適当に職場付近の物件にしようかと思ったが、職場付近だと家賃が高く、予算の問題で厳しいと結論。

いつまでも考えている事が出来ないのだが、予算もある為に悩んじゃったのだが、運良くいい物件の空きがあり、なんとかギリギリで見つける事が出来た。

そこで気が緩んでしまって転出届の事をすっかり忘れ、気付いたのが引越しの当日だったわけ。

引越し業者が来るまで一時間半ほどあった為、間に合うかなと思いながら慌てて役所へ行き、転出届の手続きを済ませ、帰ってくると約束の時間の二十分前で、ホッとした。

それから十分ほど経ち、少し早く業者がやってきた為、結構ギリギリだった。

急な移動となると、何かにつけて時間に追われることになっちゃうので、転出届ぐらいは忘れずに前もって手続きしよう。

大晦日のテレビはつまらない

大晦日、NHK紅白歌合戦とは、こんなにも面白い番組だったのか!旦那と食い入るように、酒を飲みながら観た。

だから今年も楽しみにしていたのに、出場者の名前を見てガックリ&ゲンナリ。まず白組の大トリが、デビュー35周年の近藤真彦。

そう、誰も待ち望んでいないジャニーズの老害が、50歳を過ぎてもなお「ギンギラギンにさりげなく」を歌う。

対して赤組の大トリは、松田聖子の「赤いスイートピー」。何この80年代の紅白か?と言いたくなる選曲。どちらもヒット曲が無いのに、出てくる図々しさたるや。

さらに毎年いらないと、世間に叩かれても出てくる和田アキ子。必要性を感じない、特別枠の小林幸子。

嫌いじゃないけど、ジャニーズの出場枠が多すぎるし、エグザイル、AKB関連のグループだらけ。

さすがにマトモに観る気にはなれず、ゲスの極み乙女だけ抜粋して楽しんだ。やっぱりNHKは企画力無いな。

借金相談をしたら本当に解決

借金相談をするなら、初回無料で対応している、法律事務所が良いです。

司法書士事務所も考えた事がありますが、個人再生や自己破産をするとなると、弁護士に依頼した方が効果的だそう。

借金相談をした弁護士は、債務整理を主に行ってきた人でした。時間は30分程度と短いけど、ここで具体的な解決法が決まった。

借入先が3件と多いですが、総額自体はそれほど大きくありません。

うち1件は自動車ローンであり、個人再生や自己破産をすると、クルマを失う事になると、借金相談で言われた。

最終的にクルマを守る事が出来る、任意整理での解決が決まった。これもブラックリストには載りますが、借入先を選んで解決出来るのです。

自動車ローンは今までどおり返済を続けながら、キャッシングとカードローンだけ片付ける事にしました。

借金相談から、弁護士が受任通知を業者側に提出すると、即座に取立てがストップ。その後は利息が全額カットされ、元金を3年で返済という流れで落ち着く。